【FXで稼ぐ】月間成績報告|2021年12月の利益は34,922円でした

2022年01月05日
FX成績
お金の成長

毎月の小遣いの足しになればと思い、2020年3月からFX(外国為替証拠金取引)を行っています。この記事は、毎月のFX成績を報告する内容になります。今回は2021年12月の月間成績です。

FX月間成績(2021年12月)

口座 確定損益 含み損益
SBI FXトレード 34,922円 -15,911円

保有ポジション状況

通貨ペア カナダドル円
売買方向 買い
建玉数量 15,500通貨

利益の推移

2021年の月別利益額は次のとおりです。

202112月間FX収支

リピート注文FXを開始した2020年3月からの成績は、下記グラフのとおりです。縦棒が累計金額、折れ線が含み損益になります。

累計202112

12月末時点での含み損益が-15,911円ですので、仮に12月で取引を終了すると、660,663円の利益を残せたことになります。

FXの取引方法について

私がFX口座を開設して取引を始めたのは、10年以上前になります。いろんな取引方法を実践してきましたが、残せた利益は数万円程度でした。トレードセンスが私には無かったようです。時間の無駄だと感じて「FXはもう辞めよう」と思っていましたが、裁量を入れない今の取引方法を知り、これを最後の挑戦と決めて始めました。

取引の具体的な方法は次の記事をご覧ください。

FXのシンプルな取引方法。為替相場の特徴・戦略をまとめておく(前編)

今回は、FXの取引方法についての記事を前・後編に分けて書きたいと思います。まずは為替相場の分析をもとに、ドル円相場の今後の展望を解説します。...

まとめ

12月のカナダドル円相場は、円安の流れが続いた1か月間でした。1カナダドル90円を超えてきており、想定している仕掛けレンジの上限に近づきつつあります。大きな調整が入ってほしいですが、円安の流れは2022年も続きそうな気配。よって大きなロットを仕掛けられない状況が続くとみており、今以上に利益を増やしていくことは難しそうです。仕掛けレンジ上限を超えるようであれば、一旦取引終了とします。「安く買って高く売る」が鉄則ですから、レンジを広げて深追いするようなことはしません。

自動売買のトレードを2022年1月からリスタートする予定でしたが、今の相場では始めるのに適していないので様子見とします。それにともない、自動売買用のFX資金をほかの金融資産に投入しようと思っています。

今回の記事は以上になります。2021年12月のFX月間成績報告でした。

関連記事
あおなみ
Author: あおなみ
【IN MY STUDIO】このブログは私の実験場です。投資をやったり、写真を撮ったり、ガジェットを試したり。基本的に自分が気に入ったモノ・コトを記事にしています。実験の結果を楽しんでいただけたら幸いです。