FX投資で私が大事だなと思うこと

2020年11月22日
FX考え方
私の意見

リピート注文のトレードに変えて良かったなと思うのが、相場をあまり見なくて良いことですね。

裁量トレードをやってた頃は1日に何時間もチャートを眺めていました。

寝る間を惜しんでトレードの検証をしたり、休日もFT4(チャートソフト)使って研究していました。

今の私は、テクニカル分析で相場は予測できないという考えを持っています。

では何を根拠に投資をするかというと、以前記事にした購買力平価説によるファンダメンタル的な要因により、長期的には相場は適正レートに収斂するという確率的優位性をもとに投資を行っています。

これは確率的優位性であって確実ではないです。ですので、ロスカットを喰らって口座を飛ばす可能性も当然あります。

でもそれは仕方ありません。リスクを払わずにリターンは得られませんから。

リスクを背負うのはキツイです。メンタルやられます。それと背負えるリスクには個人差もあります。

誰しも月に20万円とか、働かずに生活できるくらいの利益を出したいと思います。(もちろん私も)

でもリピート注文でそれをやると、含み損が何百万円という額になります。

そんな莫大な含み損を抱えることになったら、普段の生活がままならないでしょう?

現在月2.5万円を利益目標にしています。小さい目標だなと思われるでしょうが、私にとってはすごく意味があって、とても大事なことを含んでいるのです。

それは目標を小さくして(つまりロットやポジションを小さくして)含み損拡大のリスクを減らすことで、メンタルを守ることです。

リピート注文は無限ナンピン手法で、危険というイメージを持っている人もいるかと思います。でも手法よりも大事なのはメンタルです。なぜなら生活全般に影響を受けるからです。

自分はどれだけのリスクを取れるのか?

リピート注文、裁量トレードに係わらず、そこを考えないとFXは続けられないと思います。

相場の状況で大きく喜んだり落ち込んだり、「相場に仕返しをしてやろう!」とか、そんなメンタルになっていたら冷静な判断に基づいてトレードすることは不可能です。

もしそうなっていたら、一種のギャンブル中毒です。

「良い時もあれば悪い時もある」と考えてあまりFXに時間を割かず、本業の仕事や自分のやりたいことにエネルギーを注ぐ方が良いですよね(^^)

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
関連記事